人気のリングはハズレなし!婚約指輪選びの参考書

プロポーズで渡す指輪

ハート

購入する前に覚えておこう

婚約指輪とは男性が女性に結婚をする前提でプレゼントする指輪で、一般的にはプロポーズの際に渡すものです。結婚するまでの繋ぎのようなもので、女性が婚約指輪をはめることで、結婚を前提にした男性がいるという証にもなります。結婚指輪は男女のペアリングですが、婚約指輪は女性のみがつけるもので、記念ものという存在意義から宝石をあしらったものを選ぶのが多いです。派手な色合いがなく、美しい輝きをもつダイヤモンドや、女性の誕生石といったものまで、様々なものが選ばれます。普段つけるものとは違うので、どちらかといえばパーティや式典といった場に映えるゴージャスなものになります。一昔前の婚約指輪の相場は給料の3ヶ月分と言われていましたが、現在はその名残が廃れ、おおよその価格として10〜30万円相当とされます。全国平均で見ると地方は比較的安くなる傾向にあり、平均は23万円、一部地域では10万円を切ることもあるようです。プロポーズの際に渡す婚約指輪は、既製品やセミオーダー、フルオーダーなど選ぶことができ、イニシャルなどの刻印を入れたり、サイズ調整などをするため購入の費用に加え時間がかかります。既製品は持ち帰りが可能ですが、刻印などを入れるのであれば、数日から1週間は期間を見ておくべきでしょう。セミオーダーやフルオーダーに至ってはデザインも必要なため数週間、または1ヶ月はかかることがあるため、プロポーズをする前にお店の人と相談しておく必要があります。